2007.12.15

★NHKドラマ「ひとがた流し」を見る。号泣。

原作も超号泣しながら読んだけど。

毎週楽しみに見ていたドラマ「ひとがた流し」。全3回なのであっという間に終わってしまいました(泣)。

このドラマは佐野史郎がものすごいいい人だったり、原作イメージだとふんわりした美々ちゃんを高木美保がやっていたり、いちょうや君がイケメンだったり(笑)とキャスティングが面白くて、それもよかったな~と思う。
類のイメージは何故か私の中では外見的には結構チャラチャラした感じの人だったので(笑)、佐野さんだったのがすごい新鮮だった。
鴨足屋君はスラムダンクで言えばメガネ君。みたいなイメージだったんで瀬川亮じゃイケメンすぎませんかと思うが、千波が沢口靖子だから並び的にこの位の人が来ないと霞むのかなとかいろいろ思うのであった。

しかしこのドラマの中では鴨足屋君が鴨足屋という名字である事の哀しみエピソード(笑)はさくっと削除されていたので、何故こんなに変わった名字なのかと徒に視聴者を惑わす存在となってた気もする・・・。


最近の北村薫が祈りを込めて繰り返し描いているように思える、人と人はどのようにつながっていくのかという事を静かに丁寧に描いていた原作。
駆け足ながらもまとまっていていいドラマだったな~と思う。
と同時に、3回という枠もあるけれども、ドラマというのはこんなにも説明をしないと成立しないものなのかなという疑問も思う。

二人はいちょうや君けしかけすぎ!とか。「永遠に友達」と確認しすぎ!とか。
友情について言葉でそんなに説明しなくてもいいんじゃないかなあとか。

でも、沢口靖子が素晴らしかったし相変わらず本当に美しかったし、松田美由紀も高木美保もよかったし皆いいキャスティングで堪能しました。
牧子に千波が会いに来る場面、実は予告見ただけでもう泣いたんだけど(笑)、何かもう号泣したさ・・・。
原作ですごく大好きな場面を、生きている人で(という言い方も変だが)見られる幸福に浸りました。


それから、NHKのサイトに寄せられている北村薫の文章もよかった。
彼はその作品をどのように楽しむべきかを、いつも正確に誠実に伝えてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

★やっぱり西島秀俊が好きだ。

お久しぶりでございます・・・。

さて昨日NHKの土曜スタジオパークに西島秀俊さんが出演なさった。
やっぱり好き。くぅ。

土スタのまーったりした空気感の中でリラックスした雰囲気で話す西島君。
熱狂的なファン?を前に「おかしいんじゃないですか」とか言ってる所(←文字だけ見ると誤解を招きそうだが、「僕に対してそんなアイドルみたいな応援がされちゃうなんて!びっくり!」という方向の意味合い)がいかにもで好き(笑)。

彼はものすごい子役に好かれるという話を雑誌で読んだことがあるのだが、今回のドラマでも猛烈に好かれていた。

彼のやる気あるんだか無いんだか分からない飄々淡々としたナチュラルさが相変わらずでうれしかった。
だが肝心のドラマ「ジャッジ」は見ず仕舞いであった。


しかし彼は監督とかにも猛烈に好かれているイメージがあって、何だろう彼のどこかが男子としての理想というか憧れ感が刺激されるのかなあとか思う。
何か男性に「西島くんて本当にかっこいい!!」とか「すごい美しい!!」とかいう系統のほめられ方してるのを割と見かけるので。
男性の俳優さんに対するほめ言葉として、男性の口から「美しい」系が意外と頻繁に出てくる人だよなと。


最近ではオルビスCMのばっさりぶりにもときめいた(笑)。
どう考えても受からないが応募だけでもしたかった~西島君に『もしもしニキビ。』 『わたしのこと好きなんですか?』とか言って『ちがいます』とかばっさり切られたかったッス~などと思う・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.11

★関口知宏さん中国乗りつくしの旅。

私は今でも関口さんを「なおちゃん」と呼んでしまう朝の連ドラフリークなのだが、そんななおちゃんが現在中国鉄道の旅(秋編)に挑戦中。
↑NHK朝の連ドラ「あぐり」にて、あぐりの子ども淳之介の幼なじみ「なおちゃん」を演じていたのが関口知宏さんなのですよ。
↑ちなみに淳之介の子ども時代は生田斗真君が演じていた。大人になった現在、顔が全然違うので、今でも見るたびに「じゅんってこんな顔だっけ??」と思ってしまう・・・。

先日のハイビジョン生中継の再放送を先ほどBSで放送していたのでチェック。
ああ~今も彼は中国をざくざく移動中なのか~。

関口さんをひそかに好きな人口はかなり多いらしく、気づけば役者ではなく鉄道乗りタレントというよく分からない新たなジャンルを驀進中。
日本全国編も、ヨーロッパ編も、中国編(前編)も、いつでも自然体でどこにでもすっとなじむ彼は素晴らしいなあと思う。

英語が話せて絵が描けて(←可愛くて上手い)曲も作れて、でも近頃ちょっとお腹まわりがヤバイッスよ・・・というダメバランスもよい。
彼が出している旅日記(本)もちょっと欲しい・・・。

今後も彼の旅を楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

★アムロレイジ君に盛り上がる。安部礼司。

小林高鹿さんが出演なさっているラジオドラマ「あ、安部礼司」。

日曜午後5時というそれはどんなにがんばっても絶対忘れちゃうよ~(号泣)という微妙な時間帯に放送されている事もあって、今まで聴いた事なかった。

そして先週、超シリアス回を初めて聴く。聴く回間違ってた。いきなり大変な事態になってた。

そして今週は180度異なるお楽しみ回。なんと安室礼司とシャア長=古谷徹&池田秀一が登場。
・・・だが私はガンダム見てないんだけどさ(笑)。でも見てなくても知ってます。アムロとシャア。

いや~何か盛り上がりました♪

最後に安部礼司君が「ラジオを聴いてるみなさん!!これって本物ですよ~。モノマネの人とかじゃないですよ~」と念押ししているのが微笑ましかった♪

声優さんて年取らない所が素晴らしいッス。
古谷さんは巨人の星とガンダムというこれ以上ないものすごい代表作がある人だな~とか改めて思うのであった。
・・・しかし彼は確か巨人の星当時は中学生だったと思うんだけど、中学生の段階でもうあの声だったというのもなんかすごい。


高鹿さんの声がかなり好きなので、なるべく忘れずに今後も聴こうと決意。
やっぱりいい声~うっとり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

★題名のない音楽会を見る。

本日は本田美奈子さんの追悼特集である。

実は美奈子さんのアイドル時代の歌をすらすら歌えたりする結構ファンな自分。
残念ながら生舞台は、エポニーヌ1回しか見たことがなかったけど、とても印象に残っている。

白血病と聞いても、今は治るしね。と思って結構のん気だったから、先週、亡くなったというニュースが流れた時は本当に驚愕して、ものすごくショックだった。

これからの方が亡くなるのは辛い。
病気で様々な困難な状況があったとニュースで見るのも辛い。


「題名のない音楽会」は、美奈子さんがよく出演されていた番組なので、「つばさ」「TIME TO SAY GOOD BYE」「もみじ」「私のおとうさん」「命をあげよう」etc.と、様々なジャンルを歌う彼女が見られて本当によかった。
錦織健と歌ってたり、布施明と歌ってたり。

やっぱり、ファンテーヌを見てみたかった・・・。
世の中は理不尽な事が多いとやっぱり思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.29

あたまをぐるぐる回るうた。

理由は全く不明だが、昔放映していたアニメ「みどりのマキバオー」(で合ってる?)の主題歌?(エンディングなのかも)が唐突に頭をまわります。


なんか♪うまなみなのね~♪っていう歌。


しかもそこしか知らない・・・。


何だろう。
今こそ犬山犬子を見に行けという神のお告げ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.15

最近は割とドラマ好きな日々である。

珍しくドラマを色々見ている。
・・・と言っても、毎回欠かさず1時間きちんと見てます!!といったドラマは無いのだが・・・。

割と見ているのが離婚弁護士とAnegoとタイガー&ドラゴン。

離婚弁護士は1話全部通してみたこと無かったのだが(だって始まる頃まだ家帰ってないし・・・)、やっぱり面白いッスね。

タイガー&ドラゴンを見ると「落語と同時に物語が二重に立ち上がる」という点で、北村薫フリークな人々は「私」シリーズを思い出したり・・・はないか・・・。
「私」シリーズ見てもタイガー&ドラゴン見ても、「落語に行かないと!」と思うんだが、まだ一度も実行できていない・・・。

そしてAnegoは加藤雅也が素敵すぎてクラクラである。
何故こんなにかっこいいのか加藤雅也。
そしてともさかりえが怖くて素晴らしい。

来週もまったりドラマが見られる時間に帰り着けることを祈る。
離婚弁護士も、K-1が長引いてくれたおかげで見られたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

やっぱり好き。

先日、テレビ番組「徹子の部屋」に、俳優の西島秀俊さんが出演された。

ビデオに撮っておいたのをやっと見た。

くぅ。やっぱり好き。


自己紹介でも書いているが、実は長年隠れファンであるサクラ。
あの、やる気あるんだか無いんだか・・・の淡々とした佇まいがとても好き。

彼が普通に話しているところ等は、「いたいふたり」のDVDくらいしか見たことないし、もっと背面下でまったりと活動されていくかと思っていたので、思いがけず「徹子の部屋」なる超大メジャートーク番組に出演してくれてすごくうれしい。

最後の無茶なまとめでさっくり終わっていく徹子節も好き。
笑っている間に終わっている西島さんも好き。

久々にかなりファンモードに入ったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)