« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.20

★超インドア人間、久々バーベキュー。

普段とてもインドアなライフを細々と歩んでいるが、先日久々にバーベキューに行く。

誘ってくださった方のお知り合いが素晴らしきバーベキュー奉行で、道具も完璧、今すぐキャンプライフを楽しめる素晴らしさであった。

私は何となく野菜を切り、何か下手でちょっとへこみつつ、肉や野菜をひたすら食べる。おいしい。
なんとかオーブン?なんかおなべみたいなのもあり、ピザを焼いたのだがとってもおいしかった。

知っている人は一人だけで(誘ってくれた友人)、後は初めてお会いする方ばかりだったがとってもリラックスして楽しめた。よかった♪

まあ虫嫌いなのでバッタ飛んできただけで逃げ惑いましたが!!

ラストは花火で締め、とっても夏っぽい事したなあ。と満足。
たまにはバーベキューも行きたいな。と思った。

しかしバーベキュー奉行みたいな人と行かないとやっぱり難しいが。
火おこしとかテキパキテキパキしてたもんな・・・。

ものすごいインドアなくせに、実は一時期アウトドア用品を売っていた私としては、コールマンの商品とか見るととっても懐かしかった♪

| | トラックバック (0)

★『空白に落ちた男』を見る。首藤さんは本当に素敵だ。

もう1ヶ月前なのだが書いてなかったので今更。

パルコ劇場にて、『空白に落ちた男」を見る。

友人がベニサンでやった初演を見ていて、その様子を伺い再演があったら絶対見たいと思っていた。
念願叶い、再演のお知らせが!!

はりきってチケットを入手。

が・・・どんなに大好きな作品でも、照明が暗いと眠くなる法則発動(笑)。
あんなに楽しみにしてたのに、どうやら疲れてたらしく、途中で意識がちょっと遠のく。ああ。痛恨(号泣)。


とにかく1秒たりとも見逃さずにじぃぃぃっと見ているとより楽しい作品なので、疲れた頭には厳しかったのかもしれません。
飽和して眠くなっちゃったのかも。

刑事である首藤さんはどうやら殺人事件の捜査をしている様子なんだけど、終わらない夢のようなめくるめく世界の中で、一体誰が被害者なのか、そもそも誰が死んだのか、調べているはずのあなたは誰なのか、妻のようなこの女性は誰なのか、怪しいこの男性の存在は・・・。

と、ひたすらぐーるぐるする物語?でした。
何て言うかダリやエッシャーの絵を見ているような不思議な世界であった。

ダンサー陣は割と普段着風な衣装で何気なく動いているのだが、その何気ない動きがいちいちすごくて、本当にすごい事やってる時は簡単そうなんだよな・・・と思うのであった。

おうちで歩いていたらタンスが階段になって上の小窓みたいな所にすっと入っていなくなったり、鏡から人がすーっと現われたり、家族の食卓だと思ってたら何か見知らぬ人が普通にいたり、探偵と助手だったり、ドアを開けたら何故かいつも広間?みたいな所に出ちゃったり、ひとつひとつ不可思議な世界で淡々とムービングな人々が何とも面白かったです。

全く同じ動きを何度もし続けるのとか、内容は「死体を発見して驚く!!」という激しい?場面なんだけど面白い。
不思議な中にもそこはかとなく漂うおかしさ。
本棚を動かしながらみんなの位置が変わっていく所とか、机を並べてわーっと主張している所とか。
あと、食べ物注文してる場面とか面白い。


そして首藤さんは相変わらずかっこよかった。
首藤さんはいつ見てもとってもピュアだなあと思う。いや、本人がどういう人か知らないが、余計なものが無くていつでも美しい。

そのほかの皆さまは全員初めて見るんだけど、その辺の気のいいサラリーマンみたいで何か可愛い小野寺さんが水と油の人なのか~とか、コンドルズの藤田さんは柔らかな印象で素敵だなあとか、藤田桃子さんの、とっても日常的なのにものすごく不思議な所がすっとはまっているのがすごいなあとか、安藤洋子さんの華やかさはぱっと目を惹くなあとか、色々思った。
・・・というか実を言うと藤田さんが最初出てきた時正直性別分からんかった(笑)。男性的な女性or女性的な男性どっちだろう??って思ってたのであった・・・。


あとセットがすごかった。
天井も壁も全てが「床」な状態になっていて、すごく面白い。

ああ~やっぱりもっと元気な時にもっとはりきって1秒たりとも目を離さずに堪能できたらもっとよかったな~。
確実に自分の好きな世界なんだけど、味わい尽くせなかったのが無念なり。


| | トラックバック (0)

2010.08.03

★ああ。斬新ファッション。

朝出勤して5分後位に、隣の席の子(平成生まれ)から、「もしかして靴下の柄左右違いませんか?」と聞かれた。

!!!!!!

「・・・確かに違います・・・」

非常に斬新なコーディネートにて威風堂々と出勤していたことが判明。
いまどきサザエさんだってこんな間違いは犯さないであろう。

ちなみに履いていたのはハイソックスである。←夏用の涼しいやつ。
外見上における靴下占有面積はかなり広い。

はぅ。

朝から激しく動揺したが、なるべく席を立たないようにし、一日を大過なく過ごした。
靴下ごときで正直仕事なんてどうでもいいや~今すぐ帰りたい。などと思う自分の小心さも哀しい(笑)。

人生恥ずかしい事ベスト10に久々にランクインする出来事であった。

本日は特に終業後予定は無かったがある雰囲気で速攻帰ってきた。

人生には危険がいっぱいだと改めて学ぶ。
朝は忙しかったんだよそして実は洗濯物取り込んだ時点で間違ってたんだよ色も素材も一緒だから気づかなかったんだよ。

今後はもっと慎重な人生を歩もうと思う。

| | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »