« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.07

★NHK杯を見る。大ちゃんおかえり!

昨日のSPを見たらば今年のNHK杯男子は豪華メンバーですね!!
ジュベール来てるし、ウィアーもいるし、アボットもいるし、そして大ちゃん復活だし、小塚君いるし!

昨年の高橋大輔選手のみやけん振付SPが見られず仕舞いだったのが残念だったので、ショートもフリーも昨年と同じプログラムと聞いてやっと見られた&見られると思うとうれしい♪

高橋選手は、一番大事な時に大怪我をして、でも、ここまで戻ってこられた事にちょっと泣きそうになった位元気でうれしい。
フリーは長いので辛い所もあると思うけどがんばれ~。
しかしやっぱり東洋人でこういう系の選手って今まであまりいなかったな~と思う。前も言った事あるが、醸し出す雰囲気としてキャンデローロを思い出します・・・何故か。

オリンピックまでにどの位戻れるのか、男子はほんっとうにその日調子が良かった人がぽーんと持って行きそうな感じなので、まずは試合勘を取り戻してがんばってほしいです!

それから宮本賢二という振付師が世界で戦う選手のプログラムを作ってるというのもうれしい。
今まで日本人振付師ってあまり聞いた事なかったし、そんなに知らないけど大ちゃんプロは彼の魅力がすごく詰まってる!と思ったし、去年のあっこちゃんのプログラムも良かった。

ただ・・・私の中ではみやけんは日本フィギュア界三大イケメンの一人だったので(笑)、彼には「元」ってつけねばならないのが無念だが~何故太った~(泣)。
↑日本人には珍しく、アイスダンスをしても許される全体の雰囲気のイケメン度がとっても高い選手だったのに~。
↑ちなみに私の中では世代が色々だが田村岳斗とみやけんと大ちゃんが三大イケメン。
顔が綺麗な選手、と思うのは柴田嶺。
岳斗コーチは映るだけで「はっ今もイケメン!」と思うので、今年も日本選手権のキスクラを密かに楽しみにしている(笑)。

小塚君はトッド・エルドリッジをいつも思い出す正統派!!!なんだけど、ちょっとイメージも変えてみました♪的プログラムで良いですね。やっぱり結果よりも、そこらの適当フィギュアファンはプログラムを覚えているものなので、印象的なものが見られるといいなあといつも思う。

ウィアー君は一時期はどこへ行こうとしているのか・・・という感じだったが、無事に成長し、当初はクラシックバレエダンサーっぽかったのが何かコンテンポラリーダンサーっぽくなってきた感じが・・・。
独特すぎる衣装と髪型とプログラムはやっぱり良いです。

フランスなのに正統派イメージなジュベール。地元では残念な結果だったのでどうかと思ってたがものすごく調子よかったですね~よかった。生で見てみたい彼の4回転。

そしていつの間にかコーチになっていた有香ちゃん。若い久美子が!て感じに似ている・・・。

私がフィギュアに興味を持ち始めた頃の選手が、色々な所で活躍しているのを見られるのも何かうれしい。

| | トラックバック (0)

2009.11.02

★桜庭一樹「私の男」を読む。

今更ながら何回か前の直木賞作品を読む。


血とは一体何でしょう。とか。
子どもの目に見えている狭くて深い世界の鋭さと限界。とか。

私は実際の出来事に対しての共感は無いけれども、彼女を取り巻く世界、彼女の限界、彼女の思考回路の歪みとかは割とさらっと理解というか、そう来たらそうなるだろうね・・・と普通に思って読み終えた。

ので、後で感想ブログとかを見て、ものすごく拒否反応を示す人がたくさんいた事にちょっとびっくりした。
そうか~テーマもテーマだもんなあ・・・。

桜庭作品は「赤朽葉家の伝説」しか読んだことがないけど、すごく面白かったので、直木賞を取った際に大変話題になったこの作品も読もうと思ったんだけど・・・いつでもそうだけど、著者渾身の力作!!という作品では直木賞取らないんだな~と思った。←赤朽葉家の方が渾身の代表作!的作品なので。
浅田次郎とか東野圭吾とか。


ものすごく激しい出来事が淡々と進んで行く事や、つじつまの合わないというかそんなうまく行くのかしらといった疑問等はあるのだが、そういったものに引っかからずに物語に身を委ねることができる人におすすめです。
常識的で保守的ですごく幸せに育った人とかは怒りに燃えるかもしれない・・・。

| | トラックバック (0)

2009.11.01

★東京都庭園美術館に行く。よい一日。

庭園美術館に初めて行って来ました。

ものすごく忙しい友人と、色々人生につかれている(笑)オノレなので、当初のテーマは「今更いかにも観光地!に行き観光気分を楽しむ!!」例)東京タワーに登る、浅草満喫等。だったが、あまり人がいっぱいいるのもね・・・という事で、「広い」「非日常感がある」「緑がある」という点でこちらに決定。

実は初めて行ったのだが、特別展示が思っていた以上に充実していて展示&建物自体の凝った細工を色々見ているだけですごく時間が経ってしまったよ・・・。

日本庭園と西洋庭園も一緒に見られるのだが、西洋庭園の芝生は休日をごろりんと楽しむ人々がいっぱいいて、ビニールシートが必要だったか!と思った。

最近本当に職場と家の往復になっている日々なので、久々に解放感のある場所で、緑がいっぱいあって、風で葉っぱが揺れる音が聞こえる空間で大分リフレッシュできました。

しかし、ものすごく忙しく最も癒しが必要な友人に対し結局私は全然癒しになってなく愚痴を聞いたりするわ~とか思ってたくせに全然役に立ってないのであった。無念。すまぬ友よ。ありがとう。

今度は春のお花がいっぱい咲いているであろう時期に来るともっと庭が楽しめるかな~と思う。
また行きたいです。

| | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »