« ★カムカムミニキーナ『アザラシ』を観る。 | トップページ | ★ちょっと寂しい。 »

2009.08.17

★三浦しをん「ビロウな話で恐縮です日記」を読む。

三浦しをんの小説もすごく好きだが、エッセイも好きです。
何よりも彼女が愛する何かを紹介している文章を読むのが好き。幸福感に包まれます。

私は文楽は見た事がないけど「あやつられ文楽鑑賞」を読むと今すぐ文楽を見に行かねば!!と思う。

すごい読んでそうなんだけど読まないジャンルである(笑)ボーイズラブ漫画への愛を綴った「シュミじゃないんだ」を読むと、やっぱり今すぐ読まねば!と思う。←結果的に話がそっちにいっちゃう事は実は割りとあるんだけど、ジャンルとして読むかと言うと読まない。一時期読む本読む漫画全てが「実は私アナタ(同性)が好きなの!」なる衝撃の事実が発覚する謎の法則にはまっていた事があるけど・・・あれは何だったんだろう・・・流行?。←関係ないが、こういう全く関係ないジャンルで謎リンク。はよくある。見る芝居見る芝居みんなムチで誰かをしばく。とか(笑)。

★ということで「ビロウな話で恐縮です日記」を読んで、三浦さんがスタジオライフのDAISY PULLS IT OFFを見ていた事を初めて知る。

上記の「シュミじゃないんだ」を読んだ時に、三浦さんライフ見に来てくれないかな~既に見てるのかな~とか思ってたんだけど、私が見てほしいのはデイジーじゃないんだ~。←デイジープルズイットオフとは、イギリスのお嬢様女子校に転校してきた庶民がイジワルされたりしつつも友達とパワフルに学校生活を送る話。
男性だけ劇団なので女子高生はもちろん全員男性が演じる。イギリスの戯曲なのだが、イギリスだと30~40代の女性がパワフルに演じているらしい。この作品は基本、リアル女子高生がやらない方が絶対いいと思う作品なので、性別とか年齢とか、何かを外してくれた方がいい。

最初は違和感を覚えた事が書かれているが・・・しかし一応これでも再演はものすごく女子見た目レベル上がってるんですよ~(笑)。むしろ初演を見てほしかったかも。その方が演劇の「嘘」が作る「本当」をより楽しめたかもしれないから。
しかし、果たしてその後の作品は見たんだろうか。

特に先日までやってたLILIESは、王子(←舞台版箱根駅伝第一走者)が主役の一人として出てたし、三浦さんおっしゃる所の関係性を突き詰めまくった劇なので、こういう系統を見てほしいんだけど~と心の中で叫ぶ・・・。


★夢の話は内田百閒の冥途を思い出す。弟の名前が思い出せない話が好き。

★そして、「ずれこむ」というタイトルの日。
元ネタの白泉社まんががものすごく普通に分かった自分・・・。マヤちゃんどろだんごは基本だけど、サキの拷問はものすっごく印象に残ってたので「おお!!!」とすごい勢いで反応。そして普通にエレナもその場面を思い出したよ・・・結構昔読んだマンガ覚えてるな~と思った。

なんか、色々予想外の所でも面白かった。

|

« ★カムカムミニキーナ『アザラシ』を観る。 | トップページ | ★ちょっと寂しい。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93575/45957375

この記事へのトラックバック一覧です: ★三浦しをん「ビロウな話で恐縮です日記」を読む。:

« ★カムカムミニキーナ『アザラシ』を観る。 | トップページ | ★ちょっと寂しい。 »