« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.24

★クリストファー・プリースト『双生児』を読む。

先日読んだ「グランド・ミステリー」を思い出す話。
でもこちらの方が分かりやすい。

第二次大戦前のロンドンに住む同じイニシャルを持つ双子の兄弟の物語。
彼らがベルリンオリンピックに出場したあと否応なく巻き込まれる大戦。袂を分かつ双子。
彼らの人生が、本人の手記、身近な人々の手記や手紙や追想によって浮かび上がる・・・のだが途中から奇妙にねじれ始める。

・・・あれこの人はああいう運命になったんじゃなかったの??とか。
あれそんな事件あった??とか。

そして最後に辿り着く真実かもしれないがでもそれがすべてでもない事実。


非常に面白かったです。「グランド・ミステリー」もそうだけど、現代日本で暮らしていると想像しにくい「戦時中の気分」についても様々なことを思う。
双子それぞれの青春小説としても面白い。
冒険活劇としても面白い。
何故奇妙にねじれて行くのか考えるのも面白い。←ただしミステリではないのですべてが解決する訳ではありません。

しかし、ものすごく適当に「面白い面白い」とざくざく読み進めていたため、ものすごい勢いで読み落としがあった事に解説を読んで気づく・・・。
あ、それはそういう意味なんだ!!!なるほど~ここにも伏線があるのか!!等、近年稀に見る?正しい解説、読者にこの作品の楽しみ方を教えてくれる解説です。
↑ただし完全なネタバレなので読み終えてから、二度目の検証読みをする際のナビゲーションとしてお読みになるのがいいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.11

★関口知宏さん中国乗りつくしの旅。

私は今でも関口さんを「なおちゃん」と呼んでしまう朝の連ドラフリークなのだが、そんななおちゃんが現在中国鉄道の旅(秋編)に挑戦中。
↑NHK朝の連ドラ「あぐり」にて、あぐりの子ども淳之介の幼なじみ「なおちゃん」を演じていたのが関口知宏さんなのですよ。
↑ちなみに淳之介の子ども時代は生田斗真君が演じていた。大人になった現在、顔が全然違うので、今でも見るたびに「じゅんってこんな顔だっけ??」と思ってしまう・・・。

先日のハイビジョン生中継の再放送を先ほどBSで放送していたのでチェック。
ああ~今も彼は中国をざくざく移動中なのか~。

関口さんをひそかに好きな人口はかなり多いらしく、気づけば役者ではなく鉄道乗りタレントというよく分からない新たなジャンルを驀進中。
日本全国編も、ヨーロッパ編も、中国編(前編)も、いつでも自然体でどこにでもすっとなじむ彼は素晴らしいなあと思う。

英語が話せて絵が描けて(←可愛くて上手い)曲も作れて、でも近頃ちょっとお腹まわりがヤバイッスよ・・・というダメバランスもよい。
彼が出している旅日記(本)もちょっと欲しい・・・。

今後も彼の旅を楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »