« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.25

★奥泉光『グランド・ミステリー』を読む。

数年前から読もうと思いつつその分量の多さに躊躇していた本。

だが夜読み始めて気づいたら朝を迎えてました。←バカ。
だって途中で眠ったら確実に悪夢見そうだったんだもん~。


えー奥泉さんの本を読むのが始めてだったので、どういうタイプの方か知らなかった。
だから、これ普通に腑に落ちる展開になるのかな~と思っていたらば煙に巻かれる系の話でした。

真珠湾攻撃を前にした海軍の物語を読み進めて行くうちに何か違和感が出てくる。
でもそのまま読み進めると、突然、死んだはずのあの人が普通に登場してきたり、登場人物の幻想が延々描写されたり、そのまま場面がシフトしたり、戻ってきたり、気づくと何度も同じ文章が挿入されたり・・・この物語ってどんな風に進んできたっけ???と混乱します。かなりぐるぐる。

最初に提示された謎は一応の解決を見るので、「ミステリ」として読んでも楽しめますが、基本的には「結局どうだったの??」が気になる方にはあまり向かない話。きちんとわかりやすく解決しないけど、そのぐるぐる感が好きな人にはかなりおすすめ。

私はぐるぐる系がかなり好きなのでものすごく好きなタイプの話だけど(上下巻真夜中一気読みしてるくらいだし)、最初に「明解な話」かと勘違いしていた分ちょっと損したかな~楽しみ方を。


話の内容が似ているとかそういう意味ではなくて、読んでいる側の、すいすいぐいぐい物語りに引き込まれていきつつも、何となく不安にかきたてられる感じ、終わらない夢を延々見ているぐるぐる~な感覚、という点で、皆川博子「冬の旅人」や「薔薇密室」、あと「死の泉」とか、西崎憲「世界の果ての庭―ショート・ストーリーズ」とかを思い出した。

登場人物がみんな魅力的で、海軍生活や、戦時中の特権階級の人々の優雅な生活の日常描写も面白く、また、今8月だからやっぱり考える「戦争とは、何ぞや」という事に対しての登場人物それぞれのスタンスが興味深く、ディティールも、物語全体のつくりも、非常に面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.23

★来年の「東宝エリザベート」。

しばらく前に発表されて友人が教えてくれたのだが・・・大大大衝撃!!!!!!

涼風真世さんと朝海ひかるさんのダブルキャストである。

・・・何考えてるんだ東宝・・・。
「あのウッチーもトートやれたしね♪」というのとタイトルロールとはやっぱり違うと思うの。
ヅカではあさこちゃんもやれたしOK♪というのとも違うと思うんだよ。
レ・ミゼでは東山さんがアンジョだし!というのとも違う・・・。←ダンサーが歌のみ作品に出てるよという意味合いで。

やっぱり東宝のエリザベートなので、歌を得意とする人にやってほしかったッス・・・。

もちろんコムちゃんは昔に比べたらものすごく歌が上手くなっていると思うし、これからもっと上手くなるという期待は持てる訳だけど、本人比で上手くなった!ではなくて、元々上手い人にやってほしいのよう~。

見た目はものすごく可愛いだろうな~♪とか、期待している訳ですが。
その前にコムちゃんと言えば蜘蛛女のキスは何が何でも見たい訳ですが。←こっちはものすごく合ってると思う!!!すっごい楽しみ!!!


・・・現在心が千々に乱れ中。

かなめさんエリザも正直微妙な気がしないでも無いし・・・。かなめさん非人間的な方向へ走っていかれる方なので、歌う揺らめき大王ゆうさんと組んだら違う話になりそうだし。
かなめさんもさぞ美しいであろう!!という期待はものすごくあるんだけど。
そして歌声はすごく楽しみだけど。
でもキャラ的にはエリザじゃなくてトートだと思うけど!ほんとは!!


うーん私の中ではとうこちゃんにやってほしい!!願望があるのだが。辞めてからの再演時とかにどうですか~。
可愛いし綺麗だし演技上手いし美脚だし(←これはエリザに関係ないけど)男役としては小柄だけど女優としては程よい、ちょっと大きな女性というベスト体型だし。


その他のキャストは変わっていないのだが、前回見られなかった禅ちゃんフランツをまた見たいな~とか、ルドがさらに追加されるようだがどんな人になるのかな~とか、武田君の振付け変えてくれるといいな~とか、色々、気になるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

★流行に乗ってみる。体験入隊。

今さらながら話題の「ビリーズブートキャンプ」をやってみた。

ビリーバンド無しで、しかも速さについていけず結構グダグダだったので言ってみれば「体験入隊」程度。
だが翌日の本日あちこち筋肉痛である。いかに日々動いていないかを実感。そして反省。

なるほどビリーがずっと励ましてくれるのが心強い。
初心者もすぐに始められるところもよい。

しかし途中でうすぼんやりしてくるとあんなに簡単な動きなのにイマイチ分からなくなったりするのであった。

最近引き締まり感に猛烈欠けまくるおj腹まわりなどが気になるので、がんばって鍛えてみようかね。などと殊勝なことを思ってみるのであった。

がんばるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.12

★甲斐の国に行く。修行だったなり。

友人と湯村温泉に行ってきた。今年の大河ドラマ風林火山でもおなじみの甲斐の国。

・・・死ぬほど暑かったッス!!!修行だったッス!!!

いや、盆地だし暑いとは思ってたけどこれほどとは思わなかった。
私の中では真夏の上海に次ぐ暑さを人生で味わった気がします・・・。


当初私の中では「武田家ゆかりの神社仏閣を歩きながらぐるぐるめぐって♪」などと思っていたが、そんな事を実行したら死んでしまいそうだったので行く場所は抑えて&なるべく室内に行きまったり過ごしたのであった。

そして大河ドラマ見てないのに風林火山博に行き非常に気分が盛り上がった。
ウッチーはやっぱりかっこいいッス!!!とか。

信玄について、地元のボランティアガイドさんが「信玄はデブに描かれているが本当はほっそりしていた模様」というお話をしてくださったのが妙に印象的だった。いやアナタ信玄だし「デブ」って表現はどうなのかしら。武将だから「恰幅がよい」とかの表現の方がいいのでは・・・ドキドキ。
地元っ子的には、中井貴一(昔の大河ドラマ「武田信玄」の信玄役)の方が信玄に近い、と好評らしい。
負けるな亀!!

武田神社では「風林火山」の旗(本物)を見てその達筆さにうっとり。
善光寺では、暗闇を回るのって何ていうんだっけ??えーとそれにチャレンジし、「人は意外とすぐ暗闇に目が慣れる」という事を体感・・・。

温泉では思っていた以上にいいお部屋でテンションが上がる我々。殺人的な暑さだった昼間とは打って変わって涼しい風が吹き露天風呂も心地よい。

どう見ても冬の食べ物、ほうとうも満喫。やっぱり名物は食べておかねば!
そして鮎が上手に食べられずへこむ。
しかし普段の5倍くらいの量を食べているような気がするが、何でこういう所来るとぱくりと食べちゃうんでしょうね・・・。満腹満腹。

何かとバタバタしたが、楽しい旅になった♪友人ともまったりできたし。
近頃割と温泉旅館旅をするんだけど、やっぱり旅館って楽しいッスね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.07

★どんだけ薄いんだ・・・。

先日諸事情により(笑)、いつもと違うメイクにて職場の皆さまにお会いした。

「別人」「誰だか分からなかった」「化けた」「いつもと違う」等とかなりの反響を呼んだ。
普通に話しかけたらじぃぃぃっと見つめられたりとかさ・・・。
さらに数日後に「そういえばあの日いつもよりメイク濃かったよね」などと声をかけられたりもした。

・・・うーんそこまで言われるほどいつもと違うわけではないのだが。
主な違いはアイラインとマスカラをした点。他は殆どいつもと同じ。

これはアイラインって全然印象変わるから大切なのね♪という教訓を得たと思えばいいのか。

ではなくて、どちらかと言えば、普段のオイラはどんだけ薄いんだ。という事を問題にした方がいい気がする・・・。
普段職場に行く時はいい年してナチュラル(過ぎな)メイクなんだよ悪かったよ。

もう少し存在感を増すべく、勤務先に行く時もはりきってメイクでもしてみようかね。と思ったものの、朝予想通り猛烈ギリギリなデンジャラス時間を過ごしているため、なかなか理想どおりには行かないのであった。

ま、がんばるよ。その内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.02

★劇団四季 ジーザス クライスト スーパースターを見る。

エルサレムバージョンの「ジーザス クライスト スーパースター」を見る。

今見てもなお斬新な舞台。

改めて私はこの作品がすきだ。と思った。
曲がいちいちどれも好きだ。と思った。
ユダのドロドロっぷりも好きだ。と思った(笑)。

ユダの衣装は何か面白いな~とか、ジーザスが突然「フォ~~~」等と高音で威嚇する(←違う)のを見ると「へんな人」とか思うんだけど、でも、それも含めてすごい好き。

前みたときは、ジーザスは超然としていて、普通の人であるユダが一人でぐるぐるドロドロなイメージがあったのだけど、今回見て、ジーザス自身の中でも色々な迷いがあるんだなと思った。

ジーザスにとっては、「分かりやすい利益」を求めて自分に群がる民衆たちに対して真意が浸透しない苛立ちや諦めやもどかしさがあるんだろうなとか。
見えすぎる人の圧倒的な孤独というものを思った。

私は普通の人なのでやっぱりユダに激しく感情移入する訳だけど、ジーザスみたいな人に出会っちゃったからもうしょうがないよ~どこまでもドロドロで行ってくれ。とか思ってみたり(笑)。
彼は普通の人で、ジーザスの事を自分が分かる範囲で一生懸命理解しようとしていて、でもやっぱり彼は圧倒的に自分と違う人で、彼が見えているものが自分には絶対に見えない。
ジーザスの事を愛しているのか憎んでいるのか最早自分でもなんだかよくわからなくなっちゃってる位の猛烈に強い感情に振り回される彼が猛烈切ない。

やっぱりこのミュージカルと、太宰の「駆け込み訴え」はジーザスとユダの関係がすごく似ていると思った。
・・・いやキリスト教に全く造詣が深くないので、もしかしたらユダとはそもそもそういう人物設定が基本なのかもしれないけど。

それから、あの!寺田CD(初演JCSのCD)を思い出し、初演が今こそ見てみたい。とも思った。
やっぱりユダのドロドロはあの位訳わかってない激情の奔流が必要かなと。

ユダに対して、ジーザスは彼が裏切る事を分かっていて、もう彼を見た瞬間許していて、でも、ユダが自分の事をどういう風にどの位愛しているかは多分分かってないんだろうなと思って、二人のどこまでもすれ違う感情が辛い。

そして二人の睨み合いが怖すぎて好き(笑)。
天才を前にした凡人のボロボロドロドロっぷり(文字通りパワフルにのたうちまわるユダがちょっと面白くなってくる事もあるのだが・・・ごめん)に激しく感情移入し、「ユダここで許されちゃ何かもうかえって死にたくなりそう・・・可哀想・・・」とか思うのであった。


残念だったのはヘロデ王が下村さんじゃなかったこと。ジャポネスクでは彼がなさってたので見たかった~(泣)。
やっぱり、ヘロデはそのジャラジャラ衣装から考えても歌ってる内容を考えても「毒の華」であってほしいので。
こう絡みつくようないやらしさとか。圧倒的な華やかさと毒とか。ヘビっぽい雰囲気とか。


しかし、劇団四季という劇団は「ここはサーカス団ですか?」みたいな「人体の可能性」を観客に感じさせる劇団あなあと改めて思った。
何であんな傾斜してる舞台を縦横無尽に駆け抜けられるんだみんな・・・エライ人群も。
ジーザスはラスト一体どうやって呼吸してるのか止めてるのかいつも気になるし。

祐さんがやってたというのも改めて気になるけど(笑)。もう今お腹出せないし!そもそも十字架に乗れるかちょっと疑問だし!

柳瀬大輔さん以外は知っている人も殆どいなくて、四季も代替わりしてるなあ~と思ったのだが(私がはじめて見た時は祐一郎ジーザス、沢木順ユダ、正親ヘロデといった今思うとすごいキャスト)、やっぱりみんな上手くてユダの人も美声だし(ユダに美声は必要ないんだけど)、こういう作品とは相性がいいなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »