« ★東宝「レ・ミゼラブル」を見る。 | トップページ | ★忙しいです(泣)。そして失敗。 »

2007.06.17

★宝塚雪組「エリザベート」を見る。

宝塚の初演から11年。雪→星→宙→花→月とまわってついに戻ってきました雪組。

水夏希さんのトップお披露目公演です。
・・・が、そんな事は2幕の途中まで意識すらしなかった。
その位普通にトップです。

とうこちゃんもそうだけど、水さんも10年位ずーーーーっとスターだったので、トップスターである事に対して何の違和感も無いというか、何十年もトップさんみたいに自然だった。素晴らしい。

しかし水さんの主演舞台を見るのは初めてだったので気づいた事。
水さんの普段の声ってすごい可愛いッスね!!!あ~普段はすごく「ちかちゃん」て感じの声なんだ~。この方も基本はタータンわたさんライン=誰よりもヅカ男役!!だが素はとってもお嬢さん♪=な人なんだな~きっと。とか思った。
「水夏希です」と名乗ってはいるものの、初めて見にきた人はこの声の人とトートが同じ人だとは気づかない予感。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さてエリザベート。

うーん正直見終わってすごくよかったんだけど複雑。

「一巡した」事をすごく感じた。5組でやったこと、東宝版が何度も再演されている事、そして何よりもウィーン版が来日した事の影響。演者にも観客にもこの物語が深く浸透しているのだ、という事を感じる。

演者は、「ウィーン版とは違う、宝塚ならではの異世界感を表現しよう!」という方向へ行っている人と「宝塚的である基本は押さえた上で、できる限りリアルな造型をする」という方向へ行っている人が混在しているように見えて、ちょっと落ち着かない。
基本的にハプスブルクの人々はスーパーリアル造型。=フランツとかゾフィとかリヒテンシュタインとか。
異世界の人たちはこれでもか!!と異世界。=トートとかヴィンディッシュとかマデレーネとか。
その狭間で揺れ動くエリザとルドルフ親子。

既に何度も異なった形態で上演されている事で、演者の表現が深まっているのもあると思う。
その事で、初演から形を変えずに続いてきた「宝塚らしい甘やかさ」「フランツとエリザベートの愛情」「エリザベートとトートの恋愛設定」がもう彼らには似合わなくなっている部分もあるような気がした。

そして何度も異なった形態で上演されている事で、観客の「エリザベート」への理解度、浸透度は確実に上がっている。今ならば「宝塚であること」と「エリザベートという作品」は、もっと冷徹なものになっても受け入れられるように思う。

今こそ宝塚版は東宝版にもっと寄っていっていいのではないかと思った。
ゆみこフランツととなみエリザベートなら、♪嵐も怖くない♪とラブラブした歌ではなく、最初からすれ違っていてもいいのではないか。夜のボートでしみじみとどうしようもなくやっぱりすれ違う二人、ができる人たちだと思う。

基本演出として、宝塚におけるエリザベートも「強さ」をより前面に出していると思うのだが、それが今までの枠の中だと微妙に不協和音が鳴る感じがする。

何ていうか・・・宝塚で初めて「エリザベート」という作品を見た初演の時の衝撃は今でも覚えている。
ヅカらしくない、でもものすごくヅカな世界。
一巡していく中で、それは「宝塚」という世界に見事に取り込まれて同じだけど全く違う作品になっていったと思う。安心感の中で見られる作品に。

再びの雪組。初演を見た時とはまた違うけれども「今まで見た事のない」斬新さを再び感じた。
けどそれは作品自体は一緒で、役者陣の演技形態に関してのみ思った事なので、全体がどうしても落ち着かない・・・。
今の彼らには、もうもっと冷徹で、でもヅカな、また別の「エリザベート」を作れるのではないか。
その事がもったいない気がする。

あと単純に、今回「すごくいい!」と思った人をフューチャーすべく東宝版を持ってきてくれ~と思った。
未来優希ゾフィーは何が何でも東宝版で入っているゾフィの新曲を歌ってから死ぬべきだ。とか。
何故立ともみパパととなみシシィの「パパみたいにリプライズ」が無いんだ~。とか。
ゆみこフランツは「最終答弁」ではなく是が非でも「悪夢」を演じるべきだ!!とか。

あと、いつでも謎なんだけど、特に今回のシシィの「私だけに」の前(自殺しようとする事)と後(歌い切ってその場に倒れる事)の行動がしっくりこないとか。
となみちゃんの閉塞感を表現するには「私だけに」はヅカ版の広がって行く空間ではなく、東宝最新版の部屋のセットの中で完結するものの方がいいのでは。とか。

トートの「死は逃げ場ではないぃぃ」はやっぱり変だよ。とか。

もちろん、宝塚ならではの人海戦術と華やかさが素晴らしい「計画通り」とか、セットの上に黒天使がポージングしているのが素敵な「ハンガリー独立運動」とか、宝塚版が一番好き!な場面もたくさんある。
それらと東宝版的な部分は融合できるのではないかな~と。

とりあえず、東京公演ではゾフィーの歌、入れてくれないかなあ~。
ハマコさん今回女役オンリーでフィナーレ出てないから2幕がちょっと寂しいんだもん。もう一曲大ナンバーが欲しいです。

|

« ★東宝「レ・ミゼラブル」を見る。 | トップページ | ★忙しいです(泣)。そして失敗。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93575/15460580

この記事へのトラックバック一覧です: ★宝塚雪組「エリザベート」を見る。:

« ★東宝「レ・ミゼラブル」を見る。 | トップページ | ★忙しいです(泣)。そして失敗。 »