« ★友だちのお芝居を見る。満足。 | トップページ | ★タイを旅する。 その1 アユタヤ観光。 »

2007.03.16

★石持浅海『扉は閉ざされたまま』を読む。

えーと2年くらい前の「このミステリーがすごい!」で上位にランクされた本。

うーんいろんな意味で「現代」の物語だなと思う。
今この時代だからこその物語。「なぜ、このような密室なのか」の理由が綺麗に収束する。

感想を言うのが難しいのだけど・・・この物語に登場する全ての要素を丁寧に拾い切って謎を完成させるとても丁寧で律儀で気持ちのよい作品。

けど、ちょっと人物設定に無理がある気もしないでもないが・・・。いや、この物語に登場する人物として、伏見亮輔も碓氷優佳はとても納得なんだけど、現実味があるかどうかと言われると微妙、という意味で。

でもこの物語には現実味は別にいらない気もするし。

作者の石持さんがおいくつの方かは分からないけれども、すごく『若い』印象。若い感性とかではなくて、物語の立ち上がり方が。

単純に「面白い」とか「心をつかまれた!!」とかじゃなくて、何か色々気になる作品。
他の作品も読んでみてこのもやもや感を解決したい・・・。

|

« ★友だちのお芝居を見る。満足。 | トップページ | ★タイを旅する。 その1 アユタヤ観光。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93575/14284330

この記事へのトラックバック一覧です: ★石持浅海『扉は閉ざされたまま』を読む。:

« ★友だちのお芝居を見る。満足。 | トップページ | ★タイを旅する。 その1 アユタヤ観光。 »