« ★50万円キーボード発売。 | トップページ | ★オギーの毒に絡め取られる。 »

2006.10.14

★自分が好きなもの。

先日割と続けて、宝塚歌劇団とスタジオライフ(前田倫良さんの所属している、役者が男性のみの劇団)を見て、私が宝塚とライフとミュージカルが好きな理由は同じなんだなとあらためて思った。

何らかの理由で「ものすごく分かりやすく虚構」である事を最初にアピールしてくれる舞台。が好きなんだな~と。

よくミュージカル嫌いな人が「突然踊りだすのがイヤ」とか「瀕死な状態で朗々と歌うのはどうか」と言うけど、そもそも「舞台」である事自体ものすごい有得ないシチュエーションなので、だったら、始めからいさぎよく「これは虚構なのでよろしく!」と始まってくれた方がかえって入りやすかったりする。

以前、スタジオライフの曽世海児さんが何かのインタビューで、トーマの心臓について「とてつもないファンタジーの中で、ものすごくリアルな心情を演じる」といった感じの事(すみません正確に思い出せないので大体こんな感じだと思ってください・・・すまぬ)をおっしゃっていたのだが、たぶん、私はそういうのが好きなんだなと。

設定も見た目もリアルで、心情もリアルだとちょっと重い。始まる前から構えてしまったりする。

宝塚なら、「それは男でも女でももはや無い、別の何か」な人々が有得ないギラギラ衣装で登場してくれる。
ミュージカルなら、何か感情が高まったので一曲歌っとくか。とか、ケンカも恋も全部ダンシングで表現してくれたりする。
ライフなら、見た目は何かもうイメージだから!この人は女役だから!季節とか時代とかはまあイメージで!という「目に見えているビジュアルは心象風景です」というファンタジーな手法を取ってくれる。(←と私は思っている)


そんな虚構度の高さに安心してのんびり見ていると、不意打ちでリアルな心情にやられる・・・。
そこが私の中で舞台を見る醍醐味のひとつなのであろう。たぶん。

だから私は、ちゃんとヅカ~な男役スターであると同時に、ヅカなのにリアルかつ繊細な演技展開をするとうこちゃんが好きなんだろうなと。


あと、単純に、私はとにかく可愛い人とか可愛いものにものすごく反応する事をここ最近の観劇でつくづく感じました・・・(笑)。
星組のわたさんもとうこちゃんもとにかくめちゃくちゃ可愛かった。ちゃんと男役の範囲内で「可愛い」ができるのは二人のキャリアのなせる技だと思うので、最後だからこそ可愛くてうれしい。
となみちゃんのゴージャスかつぽわっとした雰囲気も可愛い。♪かもね♪の歌が妙にラブリーで好き。琴ちゃんはただもうとにかく可愛い。眼福眼福。←大好き。みなみちゃんは可愛すぎて困るし。
ライフの夏の夜の夢も、無闇と可愛い人に反応しまくり、ダブルのハーミアヘレナにめちゃくちゃはまって終了。可愛い・・・。

今年はヅカ・ライフ・ミュージカルばっかり見てた1年に相応しく、年末に向けてヅカ・ライフ・ミュージカルが待っているので(笑)、最後まで楽しみたいと思います。

まずは来週、朝海ひかる&舞風りらさよなら公演ッス。
現在とうこ大ブーム中の私だがコムちゃんブームも起こり、そしてまた「ノバ・ボサ・ノバ」エンドレス見とかしてるかもしれません・・・。←二人を同時に楽しめる舞台。

|

« ★50万円キーボード発売。 | トップページ | ★オギーの毒に絡め取られる。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93575/12283894

この記事へのトラックバック一覧です: ★自分が好きなもの。:

« ★50万円キーボード発売。 | トップページ | ★オギーの毒に絡め取られる。 »