« ★東野圭吾、ついに直木賞作家となる。 | トップページ | ★チケット争奪戦。エリザベート。 »

2006.01.26

★宝塚星組「王家に捧ぐ歌」に再びはまる。

一年前、すごく評判がよくて見たかったなと思ってたのと、檀ちゃんが退団発表したので、宝塚にいる内に見たい!!と、有休を取って(笑)中日劇場に宝塚歌劇団星組「王家に捧ぐ歌」を見にいった。
ものすごくはまった。
見に行ってよかったなと思った。


そして先日、「今ベルばらブームなんですっ」とある方に熱く語ったところ、「あ、私王家のビデオ持ってるから貸してあげるよ~」とお貸しくださった。

・・・再びドはまり。
見ては巻き戻し見ては巻き戻し・・・。

宝塚は、はまった時に際限なく楽しめてしまうところが怖い・・・。←先日のベルばら過去シリーズ全制覇とか、朝海ひかる堪能ウィークとか。←ヅカは近年ほぼ全作品がDVD・ビデオ化される。テレビ放送も多い。
スカパーに入れば過去公演だって網羅。まったりトーク番組だって見られる。
ちょっとスカパーに入りたくなってきた私だったりするが、何か現実に戻ってこられなさそうなので(笑)やめている・・・。


「王家に捧ぐ歌」は、木村信司の主張と宝塚的な愛が(ちょっとやりすぎかな~ってギリギリ感はあるけど)最もうまく融合した作品だと思う。
エジプトのとにかく無闇と光輝くゴージャス感と宝塚は相性がいい。木村式人海戦術も一番効果を上げていると思う。
甲斐さん作曲の歌もどれもすごく好き。

そしてとにかく主役3人が全員素晴らしくはまり役。
男役が女役している時の相手を一手に引き受けている感のあるわたるさんはさすがの大らかさと包容力だし、とにかくフェルゼンもそうだけど、「いい人」に見えるところが好き。

檀ちゃんはとにかくひたすら美しい。最後の姿も立派。あの黄金の衣装に負けない美貌と迫力は素晴らしい。

そして何より安蘭けい=とうこちゃんがものすごい可愛い。中日劇場のときはもーっと可愛かったんだけど、ビデオの大劇場バージョンではもっと強さが前面に出ている感じのアイーダで、これもまたりりしくてよい。

とうこちゃん、何かすごい「ミュージカルスター」な佇まいで、宝塚を辞めても舞台に立ってくれーとか全然先の事を思わず思ったりするのであった。・・・というかやっぱりエリザはとうこちゃんで見たかったッス・・・。
あさこちゃんはミーマイとかのアメリカンなミュージカルが似合うと思うし。

そして男役は普段体型が全くはかりしれない衣装を着ているので気づきにくいが、実はすっごい華奢なんだわとフィナーレを見て思った。足ほそーい・・・。

現在香寿たつきさんを思わせる微妙な巡合わせになってしまっているとうこちゃんなんだけど、やっぱりこういう人こそトップになるべきというかなってほしいので、その日が来ることを遠くから待っていたいと思うのであった。


とうこちゃんのあまりの出番の少なさに「オスカルが見たい!!」と勢いで東京ベルばら星組も取ったので、こちらも堪能したいと思います。
・・・でも同じ理由で「コムちゃんととうこちゃんのコンビを唐突感なく堪能したい!!!」と東京ベルばらとうこちゃん特出雪組もすごい見たくなってるのであった・・・。

うーん久々にヅカはまり中なオノレ。次は雪ベルばらなのだが、多分またコムちゃんブームとか、水さんブームが来ると思う・・・(笑)。

|

« ★東野圭吾、ついに直木賞作家となる。 | トップページ | ★チケット争奪戦。エリザベート。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93575/8354920

この記事へのトラックバック一覧です: ★宝塚星組「王家に捧ぐ歌」に再びはまる。:

« ★東野圭吾、ついに直木賞作家となる。 | トップページ | ★チケット争奪戦。エリザベート。 »