« それが馴れ初め。 | トップページ | 宝塚花組 アーネスト イン ラブを見る。 »

2005.09.04

東野圭吾 『幻夜』を読む。

いや読んだのはもうちょと前なんだけどさ。

白夜行が舞台化されるにあたり、久々に読み返した後、やはり「続編」と言われるこの作品も読まねば。と思い、読んでみました。

登場人物紹介を見ても、読み始めても、何が「続編」なのか最初は分からないのだが、読み進めるうちに・・・なんで「続編」かもね。というスタンスなのかが分かって、両方読んでいるとさらに楽しめる作品。

しかし、続編、だと思って読むと、何かちょっと納得いかないなーとか思っちゃったりするところもある。

あの人は一体どこへどう行こうとしているのだろう・・・。とかね。

彼の一途過ぎる行動がものすごく切ない。とか。

・・・未読の方のために固有名詞省いてみたのだが、訳わからん感じッスね・・・ごめん。


この作品も、読み始めると終わるまで読み進めてしまうので、時間がたくさんある休日などにお読みになるのがよかろうと思います。

|

« それが馴れ初め。 | トップページ | 宝塚花組 アーネスト イン ラブを見る。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93575/5789779

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾 『幻夜』を読む。:

« それが馴れ初め。 | トップページ | 宝塚花組 アーネスト イン ラブを見る。 »